坂田理事がアジア建築家会議でスピーチしました

坂田理事は、ナイロビから帰国早々の昨日(9/12(金))、アジアの建築家たちが集う《 アルカジア東京大会2018(ACA18 TOKYO)》でスピーチしました。
「SDGs(持続可能な開発目標)」がテーマのセッションで、パキスタンの建築家、Yasmeen Lari さんの基調講演のあと、6人のプレゼンターと共に参加しました。

Yasmeen さんは、パキスタン初の女性建築家というパイオニアでありながら、2005年のパキスタン大地震を機に、「Barefoot Architect (裸足の建築家)」として、恵まれない人々の力を活かすための建築を、土や漆喰、竹などの自然素材を使って実現しています。
まさに「持続可能な建築家」としての生き方を実践している方です。
Yasmeen さんの後、インド、タイ、日本から、SDGsに近い活動をしている建築家のひとりとして、坂田理事はケニアでの活動とこれからの展望についてお話ししました。

坂田理事の今の活動の「原点」には、20数年前にケニアの大学で教えている際に描いた人々のスケッチがあります。
描きながら感じた人々の力。その力を活かすことがなければケニアの社会が全体として豊かになることはないだろう。そういう思いは今も変わらないといいます。
坂田理事は今回のスピーチでも、具体的な活動の前に、いくつのスケッチを紹介しました。

スピーチの後、坂田理事にYasmeen さんが近づいてきて、「あなたのスケッチ、すばらしいわ」と握手して下さいました。
Yasmeen さんが「裸足」になったこととどこかでつながっていたのかもしれません。坂田理事にとって、アジアの建築家たちのたくさんの勇気を頂いた一日でした。

「SDGs」は、弊社団が現在、取り組んでいる白馬村の図書館及び複合施設に関するワークショップでも大きなテーマとなっています。
私たちは、アジアの建築家から頂いた勇気を、白馬村でも活かしていきたいと思います。

参考リンク

ACA18

白馬図書館及び複合施設に関するワークショップが開催されました

白馬図書館及び複合施設に関するワークショップが開催されました

9月12日、白馬村図書館および複合施設に関するワークショップが開催されました。
理事長 花井のFacebook投稿を引用します。

---

長野・白馬村
昨日のコト。
白馬図書館及び複合施設に関するワークショップでした。
僕は、ファシリテーターを担当。
今回は、SDGsから白馬村を考え、それで図書館、複合施設のあり方へと流れるワークショップです。

SDGsは、地域のことを考えるスイッチという観点から行いました。
SDGsを[世界]というキーワードから入っていくと難しく考え、あまりにも広い視野になり、どうしても地球規模的なコトから考えてしまいます。
そこを針を180度回転させるように、白馬の土地から考えるSDGsとしました。
最終的にそれは、白馬村から世界へと繋がると信じています。

今回のワークショップ、参加者登録者22名。平均年齢34歳。
うち高校生6名。
これからの世代が語るワークショップのようになりました。
若干難しいと考える参加者もいるかなとも思っていたのですが、
なんと!ノリの良さ。
どんどん意見が出てきました。

今回は、まとめることはしませんでした。
あと2回のワークショップを経て、図書館、複合施設のソフト、ハードを考えていきます。

事務局からも参加者になりたかったという声も上がり感激!
また、若い行政職員も参加、積極的に意見交換をしてくれました。
高校生ももちろん!
最後の本日のプロセスの発表も率先してマイクを持ち伝えてくれました。

熱くなったワークショップでした!

参考リンク
花井 裕一郎 – 長野・白馬村 昨日のコト。 白馬図書館及び複合施設に関するワークショップでした。

坂田理事が政策研究大学院大学でミニ講義を行いました

政策研究大学院大学の外観
政策研究大学院大学

7月5日(木)、坂田理事が東京、六本木の政策研究大学院大学(National Graduate Institute for Policy Studies、以下 GRIPS)でミニ講義をしました。

GRIPSは、政策研究を専門とする大学院で、世界各国から集まる修了生の多くが公共セクターで政策立案を担う立場で活躍しています。

坂田理事のミニ講義は、「持続可能な開発目標(SDGs)」がテーマ。
SDGsの17の目標の中でも、11番目の「住み続けられるまちづくりを」について、理事のアフリカにおける活動を紹介しながら、お話ししました。

受講生は、公共、民間の未来のリーダーたちばかり。
JCDLabの活動との接点も期待しています。

参考リンク

政策研究大学院大学(GRIPS) | 未来の政策リーダー・研究者の国際的研究拠点

Cities – United Nations Sustainable Development Action 2015

保存保存

保存保存

“WASEDA NEO” で坂田理事がワークショップを開催しました

WASEDA NEO” は、早稲田大学が今年の7月に立ち上げた新しい「共創の場」。企業や組織の枠を超えて、人々が社会課題の解決のために集い、何かを生み出そうという場所です。

そこで、11月29日(水)、坂田理事が、「形と型」をテーマにワークショップを開催しました。花井理事長、田中理事も参加し、皆さんと活発な議論を交わしました。詳しくは、下記のリンクをご覧下さい。

WASEDA NEO” とは、これからも様々な連携をしてゆきたいと思います。

 

ワークショップの様子はこちらからご覧いただけます(WASEDA NEOのホームページに移動します)。

https://wasedaneo.jp/waseda/asp-webapp/web/WNewsDetail.do?page=319

花井理事長が長野県白馬村にて高校生向けワークショップの講師を務めました

長野県白馬村「白馬村図書館施設検討委員会」のファシリテーターをしている花井裕一郎(JCDLab理事長)が、高校生を対象とした「図書館を語る会」にて講師を務めました。

これは、白馬村図書館を建設するにあたり、村民から多くの意見を募集し、みんなで考えるとした活動の一環です。

まずは、これまで花井が関わってきた図書館の事例の発表、世界の図書館の同行などをレクチャー。その後、白馬高校公営塾の生徒とともにワークショップを行いました。

昨年、学生たちは、「白馬村図書館を交流拠点とするための提案」を村に提出し、活気ある活動をしています。

今回は、この交流をテーマに、学生たちのいる場所、子どもたちの過ごしやすい図書館について議論しました。

事業:長野県白馬村「図書館を語る会」高校生向けワークショップ
講師:花井裕一郎(JCDLab理事長)
実施日:2017年10月17日(火曜日)

花井理事長が講演「これからの文化施設のあり方を考える」を福岡県直方市で行いました

福岡県直方市文化アドバイザーである花井裕一郎(JCDLab理事長)が、公益財団法人直方文化青少年協会からの招聘により、全職員に対して「これからの文化施設のあり方を考える」と題して講演を行いました。

講演名:これからの文化施設のあり方を考える
講演者:花井裕一郎(JCDLab理事長)
実施日:2017年10月2日(月曜日)