東京都立中央図書館にて坂田理事のスケッチの原画展が開催されます

坂田理事がかつてケニアの大学で建築を教えていた時に描いたスケッチの原画展が開かれます。
東京都立中央図書館とアフリカ協会の共催イベント《世界中の国のこと もっと知ろう!― 第7回 アフリカ Part2 編 ― 》の会場です。
展示期間は、2017年11月27日(月)から来年1月14日(日)まで。

坂田のスケッチは、2014年春から、アフリカ協会の機関誌『アフリカ』の表紙を飾ってきましたが、今回は、表紙に使われたものだけでなく、ケニアで描いてきたスケッチのほぼすべて、70点を展示します。

また、会期中の12月16日(土)、14時から15時まで、坂田がスケッチを見ながらお話しをします。是非、ご来場下さい。

http://www.library.metro.tokyo.jp/event/event_oll/tabid/1389/Default.aspx?itemid=1702

世界中の国のこと もっと知ろう!― 第7回 アフリカ Part2 編 ―

*参照記事
非営利系シンクタンク「構想日本」のメールマガジンに坂田理事の『アフリカで図書館について考える』が掲載されました—2017年12月4日

坂田理事が東京都立中央図書館でギャラリートークを開催しました

花井理事長が長野県白馬村にて高校生向けワークショップの講師を務めました

長野県白馬村「白馬村図書館施設検討委員会」のファシリテーターをしている花井裕一郎(JCDLab理事長)が、高校生を対象とした「図書館を語る会」にて講師を務めました。

これは、白馬村図書館を建設するにあたり、村民から多くの意見を募集し、みんなで考えるとした活動の一環です。

まずは、これまで花井が関わってきた図書館の事例の発表、世界の図書館の同行などをレクチャー。その後、白馬高校公営塾の生徒とともにワークショップを行いました。

昨年、学生たちは、「白馬村図書館を交流拠点とするための提案」を村に提出し、活気ある活動をしています。

今回は、この交流をテーマに、学生たちのいる場所、子どもたちの過ごしやすい図書館について議論しました。

事業:長野県白馬村「図書館を語る会」高校生向けワークショップ
講師:花井裕一郎(JCDLab理事長)
実施日:2017年10月17日(火曜日)

花井理事長が那須塩原市駅前図書館(仮称)設計に関する意見交換会に参加しました

那須塩原市の(仮称)駅前図書館設計の実施設計がまもなく完成します。
これまで、審査員のメンバーに向けてデザインレビューが2回実施されました。そして先日、最終報告があり、審査員である花井裕一郎(JCDLab理事長)も参加して意見交換を行いました。

概要:那須塩原市駅前図書館(仮称)設計の実施設計に関する意見交換会
実施日:2017年9月22日(金曜日)

花井理事長が講演「これからの文化施設のあり方を考える」を福岡県直方市で行いました

福岡県直方市文化アドバイザーである花井裕一郎(JCDLab理事長)が、公益財団法人直方文化青少年協会からの招聘により、全職員に対して「これからの文化施設のあり方を考える」と題して講演を行いました。

講演名:これからの文化施設のあり方を考える
講演者:花井裕一郎(JCDLab理事長)
実施日:2017年10月2日(月曜日)